2012年09月04日

耐熱性に優れたPyrex



一般的なガラス食器にはソーダ石灰ガラスが使われていますが、
パイレックスにはコーニング社が1916年に特許を取得したホウケイ酸
ガラスが使われています。


このガラスの特徴は、耐熱・耐酸性に優れている点です。
ソーダ石灰ガラスと比べて、約3倍の耐熱性を誇ります。
また、無機物から作られたガラスなので、調理中に有害物資の
環境ホルモンが溶け出す心配はなく、腐食や薬品にも強いのです。


20120904007.jpg


Pyrexの利点は優れた耐熱性と安全性ばかりではありません。
調理用、貯蔵用、食卓用の3つの要素を兼用できるため、効率がよく
経済的です。しかも、電波を通しやすい特性があることから電子レンジを
多用する現代の調理に最適な食器とも言えます。


パイレックスの食器にご飯とレトルトカレーを入れてレンジで温めれば、
調理器具でありながら、そのまま食器として食卓に出すことができます。
忙しい主婦は大助かりです。


パイレックスと長くつきあうには、洗うときは摩耗効果の強い洗剤や
金属製のたわし等の仕使用は避けて、ガラスに傷をつけないことです。
posted by 管理人 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。